取り扱い商品が2億点以上という巨大通販サイトのamazonですので、その時々の売れ筋を見ると世間の関心の高いものが手に取るようにわかります。

そこで、amazonの売れ筋を見ていきたいと思いますが、あらゆるジャンルを取り扱っているのですべてを紹介することは不可能です。

そこで、オーディオ家電に絞って売れ筋TOP10を紹介しましょう。

1位はBluetooth対応イヤホン

2018年初頭のデータによると、amazonの売れ筋第1位はサウンドピーツというメーカーの「Q12」というBluetooth対応イヤホンです。

iPhoneからイヤホンジャックがなくなって以降、Bluetooth対応のイヤホンが軒並み売れ行きを伸ばしていますが、そのなかでもサウンドピーツは低価格で高音質なコストパフォーマンスの高い製品で人気を上げています。

第2位は「SoundCore ポータブル」AnkerのBluetooth対応スピーカー

4千円を切る低価格が人気の理由で、3千件以上のレビューのうち星5つの評価が半数以上を占めています。

3位以降もほとんどBluetooth対応製品

第3位は先ほどのサウンドピーツのイヤホンですが、こちらは付属品が違っています。

以降、4位から10位までのうち、8位のAnkerのBluetooth対応防水スピーカーを除いてすべてがイヤホンです。

メーカーはサウンドピーツとAnkerのほかに、Tao Tronice、ジェイピー・ライド、Mpow、パナソニックなどがあります。

廉価版の完全ワイヤレスイヤホンの登場が待たれる

半数がBluetooth対応イヤホンですが、ここまで人気なのはiPhoneがイヤホンジャックを廃止したことが大きな理由だと推測されます。

ただ、当のAppleの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」はトップ10にランクインしていません。

2万円近くする高い値段がネックになっているのでしょう。

今後もBluetooth対応イヤホンがオーディオ家電の売れ筋の上位を占めると思われますが、低価格の完全ワイヤレスが登場すると一気にトップに躍り出る可能性が高いでしょう。