amazonの買い物に使えるamazonギフト券には有効期限があります。

電子マネーのように使えるとはいえ、期限を過ぎると無効になってしまいます。

必ず期限までに使い切るように注意しましょう。

有効期限は10年に延長

冒頭でamazonギフト券に有効期限があると言いましたが、その期限は発行から10年です。

滅多なことでは期限が過ぎていて使えないということは起こらないでしょう。

ただ、期限が10年のギフト券は、2017年4月24日以降に発行された分に限ります。

発行日時のタイミングはギフト券の種類によって異なり、Eメールタイプでは送信された時点、amazonから郵送で送られてくるものは、amazonが発送した時点、チャージタイプなどでは購入した時点です。

以前に発行されたギフト券の有効期限

上で書いたように、期限が10年のamazonギフト券は、2017年4月24日以降発行のものです。

つまり、発行されたのがそれ以前なら期限も従来のままだということです。

従来の有効期限は1~3年と短かったため、以前に入手したギフト券を持っている人は早めに発行日時を確認しておきましょう。

お手持ちのギフト券の有効期限を確認する方法

amazonギフト券にはさまざまなタイプがありますが、その有効期限を確認する方法は共通しています。

ギフト券を使用するためには、自分のamazonのアカウントへギフト券番号を登録するようになっているため、その期限もアカウント内で確認可能です。

amazonのサイトにアクセスし、ログインしてください。

アカウントサービスに「amazonギフト券」という項目があるのでそこをクリックしてみましょう。

すると登録したギフト券の有効期限が表示されます。

有効期限が切れたamazonギフト券が利用できるかもしれない特ワザ

期限を過ぎたギフト券は基本的には使用できませんが、初めての場合はカスタマーサービスに連絡すると期限の延長などの対応をしてくれる可能性があります。

しかしこの方法は1度しか使えないとの事ですし、amazonの利用で何か問題を起こしている場合は断られる事も。

絶対とは言えませんが、そのままでは1円の価値もないので試しに連絡してみるとよいでしょう。

amazonギフト券に有効期限はあるので早いうちに使うべし!

amazonギフト券の有効期限は現在は10年と長いですが2017年4月24日以降に発行されたものに限ります。

もしそれ以前発行されているギフト券を持っているか方は確認してみてください。

amazonギフト券の有効期限の確認は簡単にできますし場合によっては延長してくれる可能性もあります。

ですが100%ととは言い切れないので買ったり貰ったりしたamazonギフト券は早めに使ってしまうのが良いでしょう。