Amazonギフト券は、Amazonで売っている商品なら現金代わりに何でも買える便利なものです。

最近はプレゼントとしても選ばれることが多くなりました。

しかし、「Amazonギフト券」というぐらいですので、Amazonの商品以外には使えません。

つまり、せっかくプレゼントでもらっても、ネットを利用しない人には無用の長物となってしまうということです。

そこで、Amazonギフト券売買の方法を見ていきましょう。

金券ショップではAmazonギフト券売買を行っていない

Amazonギフト券売買の先として真っ先に思いつくのが金券ショップです。

金券ショップでは鉄道の切符やデパートの商品券などを扱っているので、金券として通用するAmazonギフト券の買取もできるのではないかと期待してしまいます。

ところが、一般的な金券ショップでAmazonギフト券の買取に対応している店はほとんどありません。

金券ショップで買取しない理由

その大きな理由は、Amazonギフト券は商品券でありながら電子マネーのような性格を持っていることです。

カードタイプのギフト券でも価値があるのはギフト券番号であり、カード自体はただの紙切れと同じです。

また、カードタイプ以外にEメールタイプやチャージタイプなど実体のない種類もあるため、金券ショップでは実体のないものを扱いにくいという理由があります。

さらに、ギフト券番号はAmazonのアカウントに登録してみないと使用済みか未使用かを判別できませんが、いったんアカウントに登録すると未使用品として扱えなくなってしまうのも大きな理由です。

ネットの買取業者がおすすめ

そんなAmazonギフト券売買には、ネットの買取店がおすすめです。

ネット業者ではギフト券番号を送信するだけで買取が可能ですし、それが有効な番号かどうかの確認もすぐにできます。

また、ネットで申し込んでギフト券が確認できたら、すぐに買取金額を銀行振込してくれるという手軽さも便利です。

ただし、ネットには悪徳業者も多いため、買取希望の際は業者選びを慎重に行いましょう。