amazonギフト券は、amazonで売っている商品なら現金代わりに何でも買える便利なものです。

最近はプレゼントとしても選ばれることが多くなりました。

しかし「amazonギフト券」というぐらいですので、amazonの商品以外には使えません。

つまり、せっかくプレゼントでもらっても、amazonを利用しない人には無用の長物となってしまうということです。

そこでamazonギフト券を売る方法を説明していきます。

金券ショップでamazonギフト券を売るのは大変

amazonギフト券売買の先として真っ先に思いつくのが金券ショップです。

金券ショップでは鉄道の切符やデパートの商品券などを扱っているので、金券として通用するamazonギフト券の買取もできるのではないかと期待してしまいます。

ところが、一般的な金券ショップでamazonギフト券の買取に対応している店はほとんどありません。

絶対に売れない事は無いのですが厳しい条件があります。

金券ショップでamazonギフト券を売る条件

まず、絶対に外せない条件としてamazonギフト券のタイプです。

金券ショップで買い取ってくれるamazonギフト券は基本的にはカードタイプのみ。

カードタイプ以外も買い取っている店舗も中にはありますが買取価格はカードタイプよりも低いです。

次に有効期限が半年以上、残っていないといけません。

中には半年未満でも買い取ってくれる所もあるようですが買取価格に大きな差がでます。

最後にamazonギフト券購入時のレシートです。

amazonギフト券はぱっと見ただけでは購入したもの分かりませんよね。

そこで確実に購入したものとの証拠としてレシートが必要です。

しかしレシートはすぐに捨ててしまうという人も多いと思います。

そうなると金券ショップでamazonギフト券を売る事はできません。

ですが金券ショップで売れなくてもamazonギフト券を売る方法はあります。

それはネットのギフト券買取業者を利用することです。

買取業者を利用してamazonギフト券をお金に変えよう

買取業者を利用すれば最短30分ほどで使わないamazonギフト券をお金に変える事ができます。

方法も簡単で携帯かパソコンさえあれば家にいながら売る事が可能です。

買取業者のサイトで売りたいギフト券の情報、身分証明、振込先の銀行などの簡単な情報を打ち込み送るだけです。

後は買取業者からの入金されるのを待ちましょう。

しかも金券ショップで売るよりも10%以上高い買取率で買い取ってもらえるはずです。

また、ネットの買取業者の多くは365日24時間絵営業がほとんどですので自分の好きな時間に利用ができますよ。

もっと詳しく買取業者にamazonギフト券を売るまでの流れを知りたい方はコチラに画像付きで紹介しています。

⇒《さまざまな用途があるamazonギフト券とは

まとめ

amazonギフト券を売る方法は何種類かありますが金券ショップで売るには厳しい条件があります。

その条件を無事に満たせたとしても金券ショップで売ると安い金額しか買い取ってくれません。

やはりamazonギフト券を売るならamazonギフト券買取業者を利用することが一番です。

買取業者によって買取率は違いますが各業者の公式ホームページに記載されているので安心して買い取ってもらう事ができます。

パソコンが苦手という人でも簡単に利用ができるので不要なギフト券がある方は買取業者に売ってみてはいかがでしょうか?